新年のあいさつも落ち着いて次は新年度の準備ですね。
学生の皆さんは学年が上がったり受験の本気モードに入ったり慌ただしいようですね。
懐かしい。

そういえば、エレベーター式の慶応ではクラス替えがないらしい。
集団行動に早くから順応できる環境なんですね。

さてさて、この時期の私といえば毎回悩むのが引っ越しです。
特に行きたい場所がなくてもなんとなく考えてしまいますね。

日光はこれぐらいで、部屋にはこんなインテリアを置いてなんて考えると、つい引っ越したくなります。

今いる場所に愛着がないのかといえばうそになりますが、

なんせ水回りを変えたくてですねー

誰かをもてなして料理してとなるとどうしてもスペースが足りないのです。

もし、実際に引っ越しをするとなると今度は今よりも納得の物件に住みたいと思います。
どんなところがいいかとその時になって自分の意見を起承転結をつけて不動産屋さんに伝えるために、今から自分の願望を集めています。

ノートに書き留めているのはまだ片手で数えられる程度。
これから増やしていければいいなと思いますがあまり増えすぎるのもね。

んー同じ条件でもお得感が変わったり、暮らしてみるとスーパーの品ぞろえが

最近考えるのは地方によってテレビ番組が変わるのが耐えられるのか。

まさかのところですが、テレビっ子の私には何気に重要なポイントなのです。
物心つく前から一つの地域にしか住んでいないので、フジテレビが系列局になって月9のドラマがお昼に放送なんてことがあったらショックだななんて思いながら。
それはちょっと考えたくない。

転勤族の人って習慣が変わることに抵抗は少ないんだろうな

私も子供の頃も転勤族だったらこんなにテレビ1個に固執しないんだろうか。

一度は関西に住んでみたいなと思いながら勇気ないなぁ

最近アパレル業界の関西進出がすごいな。
アパレルに転職したら否応なしになれるかもな。
その前に転勤が嫌で辞職してしまうか

どんだけ変化に弱いんだろうかねレッグメイクリンパージュ 芸能人