もうじき、今年のトータルリセットだ★

毎年、夫が職場から何本かもらってくる紙のカレンダーが活躍し、今年もそんなカレンダーたちの総リセット期を控えている。
主にリビングにはPCデスクの横の壁に貼り付けてふとしたときなどにすぐ日付けや祝日の確認ができるようにしてあり、もう一本はキッチンの冷蔵庫の扉にマグネットで一か月分ごとに破いて貼り付けている。予定を書き込める余白がある方を冷蔵庫に貼り付けておくことで、何かと目にする場所である冷蔵庫の扉という位置上、何か予定が入ったりするとすぐに冷蔵庫の横にこれまた常時スタンバっておいてあるペン類でササッと書き込むことができ、今年も大活躍してくれたカレンダーだった。
いついつに職場で何があるとか、何日に通勤定期の期限が切れるとか、いついつまでに何を済ませておくという具合に、事あるごとに今年の予定を書き込んでは要領よくタスクをこなしたりやることを確認する手立てとしてはかなり活躍してくれた。ことが潰し終わるとその用件には横線を一本引き、「済」と書き込むたびに一つまた一つと順調に事が進んでいる達成感も伴っていた。余白の用件の中には「明日のためとっとと事を終えて何時にはさっさと寝る!」とか書いてある日もあり、意図的に感嘆符すら付けて書かれているところからも常日ごろの時間管理意識の片鱗のようなものが自分でも垣間見られる笑。
年内を通してそんな大活躍を遂げたカレンダーも、もうじきにすべての月が終えての破棄処分を控えている。近々リサイクル資源ゴミ行きになるわけだが、どちらかというとあまり寂しいという感じはなく、むしろ過ぎ去った古い年月や嫌なことも一緒におさらばする感じがしてリセット感が大きい。リビングの方にあるカレンダーは主に日付チェックをメインに使っているのに対し、冷蔵庫のカレンダーは書き込み使用しているので、あれやこれや用件が書かれたり線が引かれたりしている方のカレンダーをリセットしたときは、何だかキッチンという小さな枠組み内で今年のことは忘れましょうと疑似的にプチ忘年会でもしているような気分になるものだ笑。
これと併せ、年内に資源ゴミ類を自宅に置いておきたくない気持ちからも、紙ゴミ類をカレンダーも含めて今度の休みの日にでもちゃっちゃとまとめて今月のうちに処分できるよう、スタンバイ予定である笑。風と共に去りぬ、ゴミとともに去る一年だぜ笑!艶つや習慣 効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です